召された者の歩む道 ―ユダヤ民族捕虜および帰還時代より

Web説教

題目:「召された者の歩む道」 ―ユダヤ民族捕虜および帰還時代より
説教者:柴沼邦彦

<内容紹介>
今日は「旧約聖書」の預言者を中心とした話をしたいと思います。
『原理講論』によると、偶像を崇拝して神から離れたイスラエル民族が、悔い改めて帰ってくるように、
神は、四大預言者と十二小預言者を通して内的な刷新運動をされました。
しかし、イスラエル民族は、その預言者の警告を聞かなかったため、神は心ならずも外敵によって打たざるを得なかったのです。
北朝イスラエル王国に現れたホセア、南朝ユダ王国のエレミヤという預言者の歩みを見ていきます。

    【Web説教 感想フォーム】
    この説教への感想・質問は、こちらから送信してください。
    それ以外は、お問い合わせフォームからお願いします。
    また、内容によってはお答えしかねる場合もありますので、ご了承ください。

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須)

    所属(地区・教区・教会名)

    題名

    メッセージ本文

    メッセージを入力したら「確認」にチェックを入れてから
    「送信」ボタンをクリックしてください。

     確認