Web説教「信仰の危機はどこから来るのか」 ―王の生涯より

 
題目:「信仰の危機はどこから来るのか」 ―王の生涯より
説教者:柴沼邦彦

 
<内容紹介>
前回は、士師の時代ということでお話をしましたが、ヨシュアを中心としてカナンに入ったイスラエルは、支派ごとに土地をもらって、封建社会を形成していきました。
しかし、カナンの周辺には、他の様々な民族がおり、カナンに攻め入ってきていました。
民衆は、封建的にそれぞれの地域で問題にあたるよりも、一人の王を求めます。
そこで預言者サムエルを通して、王として立てられたのがサウルでした。

 


【Web説教 感想フォーム】
この説教への感想・質問は、こちらから送信してください。
それ以外は、お問い合わせフォームからお願いします。
また、内容によってはお答えしかねる場合もありますので、ご了承ください。


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

所属(地区・教区・教会名)

題名

メッセージ本文

メッセージを入力したら「確認」にチェックを入れてから
「送信」ボタンをクリックしてください。

 確認