聖和式に参列するとき

服装

帰歓式と聖和式には、男性は黒の略礼服に白のワイシャツと白のネクタイ、靴と靴下は黒を着用します。女性は白系統のスーツか礼服、白系統の靴で臨みます。

 

献花について

以前は、献花の花が聖和者に向くように供えられていましたが、現在は、日本の風習に合わせ、根の部分が祭壇側、花が手前になるように供えるようになりました。
また、献花用の花はカーネーションが主で、色はピンクが好まれています。供花は、色とりどりでカラフルな花が使われています。

 

御花料(御香典)

家庭連合指定の封筒や御花料・御香典用の白い封筒に、表書きは「御花料」または「御聖和御花料」と氏名、裏には住所と金額を記入します。

  1. 教会指定の封筒や御香典用の白い封筒を使用する
  2. 横書き・郵便番号枠付き・紅白水引きの祝儀袋は使用しない
  3. 御花料と書く(最初に御聖和の文字を入れてもよい)
  4. 表に氏名または団体名、会社名を書き、裏に住所と金額を記入する

御花料の封筒
 

御花料の目安

御花料の金額については地域の風習に合わせてください。
ここでは、目安として『聖和礼式ハンドブック』(世界平和統一家庭連合 総務局編,光言社,2012年)の内容を掲載します。

贈り先 20代 30代 40代 50代
夫の上司 3,000 3,000 10,000 10,000
夫の同僚 3,000 3,000 5,000 5,000
夫の部下 10,000 10,000
夫の勤務先の社員の家族 3,000 3,000 5,000 5,000
祖父母 10,000 10,000 10,000 10,000
両親 100,000 100,000 100,000
兄弟・姉妹 50,000 50,000
叔父・叔母 10,000 10,000 10,000 10,000~20,000
その他の親戚 5,000 10,000 10,000 10,000
友人・知人  5,000  5,000  5,000  5,000
隣人 3,000 3,000  5,000  5,000
お世話になった方  5,000  5,000 10,000 10,000

<提供・メモリアル聖苑>

 

参列の後

教会または一般の式場で行われた聖和式に参加して帰宅した場合は、火またぎの聖別は必要ありませんが、聖和式を火葬場併設の式場で行った場合には、帰宅時に聖別した方がいいでしょう。また、聖和式後火葬場まで同行した場合や一般の葬儀に参加した場合も、聖別が必要となります。それ以外にも、気になる方は火またぎをすることを推奨します。

聖別の方法は、まず、火のついた白紙の上をまたぎ、右に回って元の位置に戻る動作を三回繰り返します。その後、聖塩で聖別します。