子女が生まれるとき

出産時の祈祷会

誕生してくる祝福の子女のための環境は、いまだ神側にすべて復帰されて整えられているわけではありません。祈りの基台をつくって、母体の安全と神の子女として立派に生まれるように祈ることはとても重要です。

 

参加者への連絡

夫婦は、あらかじめ三位基台家庭や親しい友人に連絡をとって、祈祷をお願いします。伝統的には、妊産婦が入院したとか、分娩室に入ったという知らせを受けたあとに、集まって祈祷会をしました。場所は、許可を得られれば病院の別室で祈ることもできますが、家庭や他の都合の良い場所で行ってもよいでしょう。遠くの人はその場所で祈ります。

 

準備

出産時の祈祷には1本または7本の「天一国聖燭」を用います。
両親が病院に行く前に、祈祷を依頼した人に連絡します。

 

進め方

母親に付き添って病院に行った人の中の誰かが、生まれる前に、祈祷を依頼した人に、「天一国聖燭」を灯すように連絡します。
ろうそくの火は、伝統的には、新生児が生まれる5分ほど前に灯し、誕生したあと5分経って消すようになっていますが、前後20分程度の幅をもたせても構いません。
祈祷の内容としては、母体の安全とともに、天の清い血統を持つ新たな生命が無事出産できるように祈ります。また、誕生後は、天の守りと導きによって無事出産できたことに対する感謝の祈りを捧げます。

 

出産の時間を間違って連絡した場合

例えば、祈祷している人たちに連絡がなく、実際の出産時間でない時に祈祷会が行われたような場合は、次のような特別の祈祷をしなければなりません。
「実際の出産時間を知りませんでしたが、この祈祷を、出産の正しい時間と環境につないでください」

 

奉献式

祝福家庭の父母は、子女の養育を神様(天の父母様)から委託され、神様が用いることのできる祝福子女として正しく成長できるよう、彼らを常に援助してあげる立場です。祝福子女を自分の子供だと考えるのではなく、神様からお預かりした「神の子女」だという意識をもって、精誠を込めて養育しなければなりません。
奉献式は、そのような父母としての自覚と決意、そして、感謝を込めて、子女を天に捧げる儀式なのです。

 

日時、服装

奉献式は出産後8日目の午前7時から行います。子女がいつ生まれたとしても、その日を第1日と数えます。事情により規定日にできない場合は、奉献式を後日にする旨と、その日時を報告祈祷します(できるだけ早く儀式をするのが望ましいので、必ずしも原理数にとらわれる必要はない)。また、事情により両親がそろって奉献式ができない場合は、代表して片親だけで行います。
服装は、両親は式服か礼服、子供は白など明るい色の新しい服を着用します。

 

奉献式の準備

奉献式をする部屋を聖塩で聖別し、祭壇を設置します。祭壇は北に向けて置きます(できなければ、置いた所を北とみなしてくださいと祈る)。祭壇には、真の父母様の真尊影とともに「天一国聖燭」を1本または7本置きます。また、記念の垂れ幕を祭壇の後ろの壁に貼ります。あるいは、白い布、または模造紙の使用も可能です。
内的準備としては、子供が生まれてから奉献式まで、両親が感謝と決意の心で熱心に祈祷を重ねることをお勧めします。

 

奉献式の進め方

両親は祭壇に向かって立ち、ろうそくを灯したあと、子供を腕に抱きます。

・開式宣言
 「○○年○月○日、ただ今から、○○家、第○子、○○○○の奉献式を行います」
・黙祷
・両親はひざまずき、2人で子どもを少し持ち上げて捧げます。
・祭壇の前の床に、子供の頭が祭壇側になるように寝かせます。
・夫婦が敬礼します。
・「家庭盟誓」を唱えます。
・代表報告祈祷(両親のどちらかが)
「この子供を天の父母様の息子(娘)として奉献します。また、子供を天の守りの中で精誠を尽くして育てますので、天の性稟と性質が子供の中に実りますように」という内容を祈ります。
・閉式宣言
・ろうそくの火を消します。
・記念写真を撮ります。

※式はあくまでも両親(または片親)と子供で行います。他の参加者は見守るという立場で同参するため、敬礼や「家庭盟誓」唱和はしません。
※奉献式を終えたあと、別に多くの客を招待することもできます。

 

※Webブックの内容は、『【改訂版】侍義生活ハンドブック』(2017年2月20日改訂版第1刷)の一部を抜粋したものです。
※より詳細な内容はハンドブックをご覧いただくか、所属教会の責任者や家庭教育担当にご相談ください。『【改訂版】侍義生活ハンドブック』は、光言社オンラインショップで購入することができます。