○メインコンテンツ1 「ワールドサミット2022が開幕」(2月11日~14日 韓国)
韓半島の平和統一のための「ワールドサミット2022・韓半島平和サミット」が2月11日から14日まで開催されました。
韓国・ソウルの会場と、韓国国会図書館、そして日本を中継で結んで行われた開会セッションには、韓国と北朝鮮と国交を結ぶ157カ国から、現職の首脳をはじめ、政治家、宗教者、経済人など各界の指導者が多数参加しました。開会式の模様をダイジェストでお届けします。

○メインコンテンツ2「第5回鮮鶴平和賞 受賞者決まる」(2月12日 韓国・HJグローバルアートセンター(旧清心平和ワールドセンター))
2月12日、韓国のHJグローバルアートセンターで、第5回鮮鶴平和賞授賞式が開催されました。今回はコロナウイルスワクチンの開発に尽力したオックスフォード大学のサラ・ギルバート博士と、ワクチンと予防接種のための世界同盟=Gaviアライアンスが受賞し、カンボジアのフン・セン首相が創設者特別賞を受賞しました。
授賞式の模様をお伝えしています。

○メインコンテンツ3「韓半島平和サミット」(2月13日 韓国・HJグローバルアートセンター)
2月13日、ワールドサミット2022のメイン行事である、神統一韓国のための「韓半島平和サミット」が開催されました。
大会のダイジェストと、真のお母様の特別講演を収録しています。

○メインコンテンツ1 「真の父母様の聖誕を祝賀」(2月6日 韓国・HJガーデンホール(天城旺臨宮殿大聖殿))
天一国10年1月6日、2022年陽暦2月6日、韓国・HJガーデンホールにおいて、真のお父様102歳、真のお母様79歳の聖誕日を祝う「天地人真の父母様聖誕記念天一国敬礼記念式」が行われ、オンライン中継を通して全世界の教会員が参加しました。式典の模様と、真のお母様のみ言を収録しています。

○メインコンテンツ2「コロナに負けるな!第八期天一国宣教師」
2013年に始まった天一国青年宣教師。去年2021年、当時コロナ感染の収まりを見せた台湾特別地区に任地を絞り、宣教師を募集しました。コロナの影響で国内で活動を続けてきた第8期天一国青年宣教師たちの様子を取材しました。

○メインコンテンツ3「合唱フェスティバルがリモートで開催」
1月 19 日から28 日までの期間、合唱文化推進委員会の主催する「全国成和リモート合唱フェスティバル 2021」が開催されました。去年、今年と新型コロナウイルスの影響で中止となった成和合唱コンクールに代わり企画された合唱フェスティバル。
各合唱団が、真のお母様の自叙伝から制作した合唱曲「大地に華を〜微笑みのスイセンに寄せて〜」を、お母様に想いを馳せながら、映像として制作しました。
応募作品を抜粋してご紹介しています。

○真の父母様のみ言
「第45回「真の神の日」午前零時の祈祷」(2012年 天暦1月1日 韓国・天城旺臨宮殿)
天の父母様の日を記念して、今回は2012年の真の父母様の午前零時の祈祷をお届けします。

○メインコンテンツ1 「未来人材局・未来世代のコミュニティーづくり」
二世圏尋訪(しんばん)プロジェクトが進む中、二世圏が活躍する教会を目指す上で、次の課題となっているのが、教会での二世青年たちのコミュニティーづくりです。
今回はすべての二世青年たちが集うことができる共同体づくりに取り組む、未来人材局の本山勝道(もとやま かつみち)局長に話を聞きました。

○メインコンテンツ2「新型コロナ感染対策『食事に注意しよう!』」
新型コロナの感染者が、オミクロン株の登場によりとても増えています。今、コロナ対策に一層力を入れる必要が出てきました。教会活動の中で、特に感染の原因になっている、「食事の場」に関して、気をつけるポイントを整理しました。

○真のお母様のみ言
「シンクタンク2022 希望前進大会」(2021年9月12日 韓国・清心平和ワールドセンター)
今回は、神統一韓国安着に向けて、真のお母様が見つめていらっしゃる世界を確認するために、去年9月のシンクタンク2022・希望前進大会でのみ言をご紹介いたします。

○メインコンテンツ1 「尋訪プロジェクト オンラインで研修会」(1月20日)
1月20日、「二世圏尋訪プロジェクト・オンライン研修会」が全国の教会を結んで行われました。
二世圏尋訪プロジェクトが始まっておよそ半年。今回の研修は、今までの取り組みを振り返り、さらに発展させることを目的に行われました。方相逸大陸会長のメッセージをはじめ、田中富広会長と李成萬副会長の挨拶を収録しています。

○メインコンテンツ2「第1回 小学生ウインタースクール」
1月中旬、東日本と西日本に分かれて、小学生5・6年生を対象にウインタースクールが行われました。未来人材局の齋藤安正子女教育部長の報告と、本山勝道局長の解説を収録しています。

○真の父母様のみ言 「第2回 神統一韓国のための救国救世祈祷会」(1月9日 韓国・清心平和ワールドセンター)
1月9日に韓国・清心平和ワールドセンターで行われた、「第2回救国救世祈祷会」での真のお母様のみ言をお届けします。

○メインコンテンツ1 「佐世保家庭教会『尋訪プロジェクトの取り組み』」
今週は青年圏の活性化をポイントに取り組んできた、長崎教区佐世保家庭教会の尋訪プロジェクトの取り組みをご紹介します。

メインコンテンツ2 「孝情文和芸術祭 優秀者を表彰」(1月15日 東京・松濤本部)
1月15日、「第2回孝情文和芸術祭」の表彰式が、オンラインで開催されました。この芸術祭は、真の父母様が生涯実践してこられた「孝情」をテーマに、小学生の作文や絵画、ダンスなどの芸術作品を対象に行われました。優秀作品は『ムーンワールド12月号』に掲載されています。

※U-ONEニュース・視聴者アンケートは、1月23日で締め切りです。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございます! 皆さんのご意見を番組制作に活かすための大切なアンケートです。ぜひ、皆さんのお力をお貸しください。
https://forms.gle/MyMDh87QqA3BYwfL6

 

○真のお母様のみ言 「真の父母様特別集会及び2022新年賀礼会」
1月8日、韓国・天苑宮 天苑教会で行われた、「真の父母様特別集会及び2022新年賀礼会」での真のお母様の新年最初のみ言をお届けします。

○メインコンテンツ1 「2022新年出発式」
1月11日、東京渋谷の松濤本部で、「天の父母様聖会神日本大陸2022新年出発式」が開催され、会長団、元老牧会者、本部職員、第一地区の牧会者が参加しました。出発式の様子と、方相逸大陸会長の方針発表を収録しています。

○メインコンテンツ2 「第3地区 二世圏尋訪プロジェクト」
二世圏尋訪プロジェクト、今週は第3地区の「成和寮」の取り組みを紹介します。真のお母様との因縁も深い、成和寮。多くの二世圏を巻き込んでいく青年たちの姿を取材しました。

※今週は一部構成を変更してお送りしています。
お年玉が当たる!U-ONE NEWS新春アンケート、受付中です。よりよい番組づくりのために、皆様の声をお聞かせください!
回答URL:https://forms.gle/oVLxQZgyjw6zHEMz5
締切:1月23日(日)終日

 

○真のお母様のみ言 「神日本第1地区希望前進礼拝」
今週は、真のお母様が昨年日本に向けて語ってくださったみ言として、第1回の神日本希望前進礼拝でのみ言を改めて見ていきたいと思います。

○メインコンテンツ 「2022年天の父母様聖会神日本大陸始務式」
1月4日、松濤本部2階礼拝堂で方相逸大陸会長を中心に「2022年天の父母様聖会神日本大陸始務式」が行われ、本部や機関の職員約100人が参加しました。始務式の様子をはじめ、方相逸大陸会長の年始のメッセージを収録しています。

※U-ONEニュースでは、今年も視聴者アンケートを実施します。2022年にちなんで、回答された方の中から抽選で22名の方に、お年玉をプレゼントします! お年玉は、昨年末に発売されたイ・ソンマン副会長の詩集、『お母様に捧げるうた』です。ぜひ、皆さんの声をお聞かせください!

お年玉が当たる!U-ONE NEWS新春アンケート
回答URL:https://forms.gle/oVLxQZgyjw6zHEMz5
締切:1月23日(日)終日

○真のお母様のみ言
「第1回 天の父母様聖会天寶家庭孝情証詞大祝祭」(8月29日 韓国・孝情文和苑)
12月14日、韓国の孝情文和苑において、「第2回 天の父母様聖会天寶家庭孝情証詞大祝祭」が行われました。
今回は、その孝情証詞大祝祭の第1回に、真のお母様が語られたみ言から紹介します。

○メインコンテンツ1 「第2回 天の父母様聖会天寶家庭孝情証詞大祝祭」(12月14日 韓国・孝情文和苑)
12月14日「第2回 天の父母様聖会 天寶家庭 孝情証詞 大祝祭」が、韓国清平の孝情文和苑で開催され、インターネット中継を通して全世界の天寶家庭が参加しました。祝祭の模様と、日本から参加した家庭の証しを収録しています。

○メインコンテンツ2「宮崎台家庭教会『尋訪プロジェクトの取り組み』」
今月からお送りしている二世圏尋訪プロジェクト特集ですが、第3回は第1地区東神奈川教区宮崎台家庭教会で二世牧会者として歩む、岡光君啓教会長の取り組みをご紹介します。

○メインコンテンツ3 「特別番組『SEISYUN On The Way Home』が配信」
12月19日、インターネットを通して、第一地区成和部制作の全ての青年学生、家庭青年、二世圏向けの特別番組「青春 On The Way Home」が配信されました。
番組制作の背景と、反響に対して、制作を担当した南東京教区 渋谷家庭教会の横川洋介教会長にききました。

○お知らせ 「新刊案内:お母様に捧げる詩」
神日本家庭連合の李成萬副会長が、真のお母様の世界巡回路程の際にお捧げした詩が一冊の詩集になりました。叙事詩の形で天路歴程を描写しながら、お母様の歩みを証しするものとなっています。お母様も李成萬副会長の詩を大変好まれ、公的な集会などで朗読するようにされました。本書はそのような詩を日本語訳し、日本の食口と恩恵を分かち合うために制作されました。

ご購入は光言社オンラインショップにてお求めください。
https://www.kogensha.jp/shop/detail.php?id=4045

○真のお母様のみ言
「神統一韓国のための救国救世祈祷会」(12月5日 韓国・清心平和ワールドセンター)
朝鮮半島をめぐって緊張が高まる中、12月5日、世界の宗教指導者たちが集まり、「神統一韓国のための救国救世祈祷会」が行われました。集まった宗教指導者たちと教会員に対して天の願いと今の時の重要性について語られた真のお母様のみ言です。

○メインコンテンツ1 「兵庫教区『尋訪プロジェクトの取り組み』」
全国で進む、二世圏尋訪プロジェクト。今回は第4地区の中でも特に熱心に取り組んでいる、兵庫教区の取り組みとして、姫路家庭教会と阪神家庭教会の取り組みをご紹介します。

○メインコンテンツ2 「家庭連合全員で!『成和サポーター』」
家庭連合「5大方針」の一つである、「未来人材の育成」。そのサポートのために、今年から、各教会で成和部長と共に、幼児や小学生、中高生教育に携わる奉仕スタッフ、「成和サポーター」の取り組みが始まりました。
東埼玉教区越谷家庭教会と多摩東京教区立川家庭教会の成和サポーターの活動を紹介しながら、成和サポーターの目的について掘り下げています。
第4回成和サポーターウェビナー視聴申込:https://forms.gle/srXKKRuai5cafnz56

○メインコンテンツ3 「読書会『43とも倶楽部』の活用」
南長野教区飯田家庭教会では、伝道教育局が推進する、読書会「43とも倶楽部」を取り入れて活動しています。寺口賢之介教会長夫妻が2人で訪問しての「夫婦43とも」を紹介しながら、その活用についてインタビューしました。

○統一運動ニュース 「YSP西日本:『ピースパートナーフェス西日本2021』を開催」(12月5日 愛知・名古屋市)
12月11日、YSP西日本が、「ピースパートナーフェス西日本2021」を開催しました。大会テーマソングとともに、会場の様子をお届けします。