○真のお母様のみ言
「天一国指導者孝情特別集会」(2018年8月30日 韓国・天正宮博物館)
【要旨】
真の父母様と同時代に生まれ、先に祝福を受けた祝福家庭に対して、神氏族メシヤの責任について語られる、真のお母様のみ言です。

○メインコンテンツ1
「磐周 『スモールファミリー』で地域化」
・先週の名古屋家庭教会に引き続き、全国の教会の神氏族メシヤ活動に関して取材しました。
今回は、地域に特化した「スモールファミリー」と呼ばれる活動を通して、教会員が主体性を発揮して活躍することを目標に取り組む、磐周家庭教会をご紹介します。」

○メインコンテンツ2
「防災を見直そう」
・台風シーズンを目前に、UPeaceの加藤善斐徒キャプテンに、家庭でできる防災に関して話してもらいます。

YouTube家庭連合公式チャンネルに映像「U-ONE NEWS 2020年8月28日号」をアップしました。

◎真のお父様(文鮮明師)のみ言紹介

「第12回「七・一節」記念礼拝」
(2002年7月1日 韓国・中央修練院)
【要旨】「第30回七・一節」にちなんで「第12回「七・一節」記念礼拝」での真のお父様のみ言をお届けします。神様の愛を相続し、国を越えて世界を動かすことができる者となるために必要な内容を語られています。

◎メインコンテンツ①
「豊川家庭教会献堂式」(8月23日 愛知・豊川市)
・教会員みなで精誠を尽し、様々な導きの中で献堂式を迎えた豊川家庭教会。神谷龍二教会長と教会献堂に尽力した教会員の菅谷江美子さんに、献堂式に至るまでの経緯を語ってもらいました。

◎メインコンテンツ②
「名古屋家庭教会「孝情リーダースクール」の取り組み」(愛知県・名古屋家庭教会)
・「神氏族メシヤのモデル教会となる」のビジョンのもと発足した「孝情リーダースクール」。名古屋家庭教会の副島祥司教会長に、その内容について詳しくインタビューしました。

YouTube家庭連合公式チャンネルに映像「U-ONE NEWS 2020年8月21日号」をアップしました。

◎真のお母様(韓鶴子総裁)のみ言紹介
「神統一世界安着のための100万希望前進大会」
(8月9日 韓国・清心平和ワールドセンター)
・【要旨】昨今の新型コロナウイルスや災害などの問題について触れられながら、全人類が真の父母を通して天の父母様に侍るよう導く我々の使命について語られた、真のお母様のみ言です。

◎メインコンテンツ①
「青年大学生伝道路程・伝道優秀者の集い」(8月8日 東京・松濤本部)
・コロナ渦でも、インターネットやSNSを活用して新たな伝道活動形態への挑戦をしてきた青年・学生たち。この日オンラインも含め集まった8人の優秀者たちが証しを行いました。世界平和統一家庭連合の徳野英治会長は、青年・学生圏が家庭連合の未来に責任を持つ者となるよう願い、激励しました。

◎メインコンテンツ②
「愛知・守山研修センター献堂式」(8月10日 愛知・名古屋市)
・1972年に守山修錬所で真のお父様がみ言を語ってくださった時の黒板とピアノはそのまま残し、半世紀以上を経て新たに立て替えられた守山研修センター。守山研修センターの倉内和義元所長にこれまでの歴史を、多田聰夫所長から今後の展望について語ってもらいました。

 

YouTube家庭連合公式チャンネルに映像「U-ONE NEWS 2020年8月7日号」をアップしました。

◎真のお母様(韓鶴子総裁)の祝祷
「『孝情水』祝祷」(7月17日 韓国・龍平リゾート)
・【要旨】7月16日に「孝情水」を命名され、その翌日に捧げられた真のお母様の祝祷です。

◎メインコンテンツ①
「第1地区『JTGY REUNION ASSEMBLY』開催」(8月1日 東京・北区)
・今年1月に韓国で開催されたJTGYでの真のお母様の願いを改めて確認するために、青年・学生が再集結!ネット視聴なども合わせて延べ3000人が参加しました。真のお母様がこの日のために特別メッセージを送ってくださり、大復興する集会となりました。

◎メインコンテンツ②
「山梨で『聖苑』が開苑」(8月1日 山梨・甲府市)
・山梨教区の教会員たちが願っていた「身近な霊園」が成就しました!
地元の植木豊教区長と教会員のインタビューと一緒に現場の喜びをお伝えします。

 

YouTube家庭連合公式チャンネルに映像「U-ONE NEWS 2020年7月31日号」をアップしました。

◎真のお母様のみ言紹介
「神統一韓国安着のための指導者特別集会」(7月16日 韓国・龍平リゾート)
・【要旨】天の父母様と真の父母様を体恤できる祝福の水を「孝情水」と命名してくだり、その背景を語ってくださった、真のお母様のみ言です。

◎メインコンテンツ①
「久留米家庭教会 献堂式」(7月26日 福岡・久留米家庭教会)
・小さなアパートから出発した久留米家庭教会が精誠を込め続け、今回献堂式を迎え新たに出発した様子を、現場から報告します。

◎メインコンテンツ②
「韓日・日韓祝福家庭が集会」(7月18日 東京 23日 大阪)
・真のお母様がこの集会のためにメッセージを送ってくださり、韓日がひとつになるために大いに復興した集会の模様を特集でお届けします。

◎メインコンテンツ③
「家庭連合ミッションとビジョンの更新について」
・世界平和統一家庭連合の堀正一副会長が語る、今後の家庭連合の道しるべ。必見です!

YouTube家庭連合公式チャンネルに映像「U-ONE NEWS 2020年7月24日号」をアップしました。

 

◎特集「ダンベリー収監」
・アメリカにおける真のお母様(韓鶴子総裁)のみ言を、真の父母様(文鮮明師・韓鶴子総裁)のダンベリーでの歩みのメモリアル映像共に、特集でお届けします。
●真のお母様のみ言
「神アメリカ希望前進大会」
(2019年6月22日 アメリカ・ラスベガス)

◎メインコンテンツ①
「オンライン巡回講演始まる」
(7月19日東京・松濤本部)
・真のお母様の願いを受け、日本のために行われる特別プログラムがスタートしました!第一回の趙萬雄・天一国特別巡回師によるオンライン講演の模様をお伝えします。

◎メインコンテンツ②
「ネットで讃美バーチャルクワイア」
・天一国青年宣教師やTOPGUN宣教師の経験を活かして、企画・制作されたバーチャルクワイア。発起人に、プロジェクト完成までのストーリーやメンバー達の感想を語ってもらいました。

 

本日、YouTube家庭連合公式チャンネルに映像「U-ONE NEWS 2020年7月17日号」をアップしました。

 

◎真のお母様(韓鶴子総裁)ご来日のときのみ言です!

「日韓トンネルの現場における祝祷」 (2016年11月14日 佐賀・唐津市)

・【要旨】真のお母様が佐賀県唐津市にある日韓トンネルの現場を視察しに来られた際に、プロジェクトの成就を涙ながらに祈願された、真のお母様の祝祷です。

◎メインコンテンツ①

「浜松家庭教会 聖殿献堂式」 (7月12日 静岡・浜松家庭教会)

・1967年に浜松家庭教会が出発して以来、地域の為にある家庭教会を目指して新築の聖殿が建ちました。浜松家庭教会のこれまでの歴史と新たな出発のときを、金炫鈺教区長のインタビューと共にお伝えします。

◎メインコンテンツ②

「令和2年7月豪雨 復興支援について」

・我が家庭連合のボランティア隊「UPeace」、 UPeace西日本の西垣内健キャプテンが水害の現場を救済するための視察に行きました。

本日、YouTube家庭連合公式チャンネルに映像「U-ONE NEWS 2020年7月10日号」をアップしました。

 

◎真のお母様の最新のみ言です!

「天一国国立大学未来指導者特別集会」 (6月27日 韓国・孝情文和苑)

・【要旨】天一国国立大学に通う未来の指導者達に向けて、どのような生活を送り学ぶべきかを語ってくださり、この日を忘れないようにと、日本語で「夢の日」と名付けてくださった真のお母様のみ言です。

◎メインコンテンツ①

「家庭連合 第1回インターン集合研修」 (6月30日~7月5日 千葉・一心特別教育院)

・家庭連合の未来を担うインターン33人のための研修第一弾。インターンたちの意気込みや、総合企画局の勅使河原副局長に研修の目的についてインタビューしました。

◎メインコンテンツ② 「ノエル・ジョーンズ牧師特別メッセージ」

・ノエル・ジョーンズ牧師が自身の教会信徒に向けて、コロナの被害や暴動に関しても触れながら「神を中心とした平和運動」について熱烈に訴え、真のお母様と家庭連合を証ししたビデオメッセージです。

本日、YouTube家庭連合公式チャンネルに映像「U-ONE NEWS 2020年7月3日号」をアップしました。

 

◎真のお母様のみ言紹介

「孝情郎特別集会」でのみ言 (2019年11月17日 韓国・天正宮博物館)

・【要旨】真のお母様(韓鶴子総裁)の愛されるひまわりを例に出しながら、常に真の父母様を見つめ、一つになることを願われ、青年たちを導かれる真のお母様のみ言です。

◎メインコンテンツ①

「オンラインマッチング交流会」

・新しい生活様式の中で、本部家庭教育局や第一地区を中心に行われ、好評を博している「オンラインマッチング交流会」について、二世圏祝福推進センターの佐々木勝一センター長にインタビューしました。

◎メインコンテンツ②

「宇都宮家庭教会 デリバリー礼拝」 (6月28日 栃木・宇都宮市)

・コロナ禍の中、礼拝参加者が制限する中で、なかなか礼拝に参加できない高齢の教会員のサポートのため、宇都宮家庭教会ではインターネット礼拝を「デリバリー」する、「デリバリー礼拝」が行われています。ただ高齢者のためだけの企画ではなく、壮年、青年を巻き込んだ大きな復興の場になっているデリバリー礼拝を特集しました。